FC2ブログ
 12月中旬に京都知恩院に行って来ました。
知恩院本堂の修理保存工事として素屋根工事が本年10月から始まっています。その取材で今月から行く事になりました。
始まったばかりなので現在は基礎工事中です。
来年10月には本堂がすっかり鉄骨と鋼板の素屋根で被われてしまいます。高さ41メートルになるそうです。
_DSC0298.jpg
本堂東側の素屋根の基礎工事です。
参拝で訪れた方が新たな施設が建つと勘違いするほど大きな基礎です。
来年は本堂(御影堂)での参拝は出来なくなり集会堂での参拝になります。
本堂で見つけた扉の施錠金物です。粋と言う言葉が正しいかどうか分かりませんが、火事を防ぐお守りとして、水に関わる獣?を飾っているのに粋を感じました。
_DSC0367.jpg

_DSC0362.jpg
河童

京都にほど近い滋賀県大津市の石山寺に見学に行って来ました。
こちらの多宝塔も現在修理中です。
塔全体が拝観出来ず多少残念ですが、屋根の檜皮葺工事を見学出来るよう通路が設けてありパンフレットや掲示物も有り、普段見る事の出来ない近さで軒や垂木を見る事が出来、良い見学でした。
_DSC0613.jpg

_DSC0545.jpg
天然記念物の硅灰石の上に建つ修理中の多宝塔
_DSC0686.jpg
北側から見る修理中の多宝塔
_DSC0645.jpg

_DSC0649.jpg

_DSC0650.jpg

_DSC0673.jpg

本堂も拝観してきました。
_DSC0595.jpg
晩秋の名残です。
_DSC0559.jpg
すごい木材を使ってますね。
_DSC0565.jpg

スポンサーサイト




【2011/12/23 23:43】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック