FC2ブログ
 大変遅くなりましたが、続きとして、中世の日本建築を見学しに行きましたので、
以前、池上本門寺の宝塔を撮影する機会ありましたので、特に宝塔に興味を持ち拝観してきました。
最初に愛知県豊橋市の東観音寺宝塔を雨の中、人気も無く静かな境内をゆったりとした時間を過ごせました。今回の旅の中で一番、軒反りや扇垂木が美しい宝塔と感じました。

_DSC0009.jpg

_DSC0034.jpg

_DSC0067.jpg
次に広島県尾道市浄土寺宝塔を拝観してきました。ここの建物を保存修理された宮大工の松浦昭次氏のことを現在出雲大社保存修理されている工事長から話を聞くにつれ興味を持ち行ってきました。
港町を見下ろす小高い場所に立つひっそりとしたお寺でした。
境内で餌を持った子供と鳩の群れのおっかけっこを眺めながら穏やかなひと時でした。

_DSC0874.jpg

_DSC0878.jpg
広島県尾道市の生口島にある向上寺、国宝の三重塔を拝観してきました。観光で有名な耕三寺の近くの小高い丘の上に有るのですが、人気は耕三寺に奪われた感じで閑散としていました。このまま朽ちて行くのではないかと心配になるくらいです。たまたま正面参道を通らなかったのですが、山門に辿り着く参道が民家の裏路地のような道で地元の人に確認を取りながら登っていったのですが、途中から山道のようで風情を感じました。山門を過ぎ急な石段を登ると目の前に極彩色の塔が見えてくるのは素晴らしいロケーションだと感じました。
耕三寺にも宝塔や五重塔が有るのですが、あちこちからの建物の写しだと知り改めてまた行くことは無いと思いました。
向上寺を帰る時、気持ち多めにお賽銭を入れて来ました。この先ずっと残ってくれることを願うばかりです。

_DSC0104.jpg

_DSC0102.jpg

_DSC0111.jpg

旅は良いものだと今回強く感じました。自分の目で見て感じることの大事さ改めて知りました。仕事だけしているのでは、ダメなんですね! 色々な事を見聞きし、感じ学ぶ事が仕事の幅につながること。まさに見学が大事なんですね!

(注)松浦昭次氏著書の「宮大工千年の知恵」祥伝社があります。

スポンサーサイト




【2011/11/30 19:50】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック